老後に必要な貯蓄はどのくらい?○○○○万円は最低でも必要!

こんにちは。

今日はちょっと将来のことについてお話をしていこうと思います。

 

まだ20代、30代だから将来の話は早い?

そう思っている方こそ、貯金に目を向けるべきだということを知っていますか?

 

20代、30代はほとんど貯金がない

 

若い世代ほど貯金がない、という場合がほとんどです。

しっかりした方であれば、20代でも毎月少しずつ貯金をしているかもしれません。

 

ですが、統計的にみても貯金をし始めるのは、30代後半になってからがほとんどだそうです。

 

年をとることで、将来が近く見え、そこでようやく今の状態に危機感を持つそうです。

ですが、慌てて貯金を始めても月々に貯められる額というのは決まってきます。

 

ましてや20代は特に遊び盛りですね。

お仕事して、給料もらって、使わず貯められる人ってどのくらいいるでしょうか?

 

正直なところ、私は貯められない側の人間です。

今まで持ったことがないお金を手にすると、視野が広がるんです。

 

欲しい物が増えて、どんどんお金を消費していくんです。

また、社会に出始めると飲み会などの付き合いも出てきます。

 

会社で飲みに行ったり、上司と行ったりで結構飲み代もばかにならないこともあります。

 

消費税も上がり、物価も高くなった現代社会

 

これで消費税も低く、物価も安ければそれほど出費をしないのかもしれません。

 

2019年になり、消費税増税+物価も高騰し、前よりもお金がなくなるペースが早くなっています。

アイスクリームや乳製品、飲料水や野菜と、普段口にするものまで高くなっているのは困りものですね。

 

給料が上がらないのに、お金だけが減っていく。

今の時代、サービス残業の会社も多く、出世もしずらくなっています。

 

そのため、長年会社に勤務している方であっても貯金ができない、という現状があるそうです。

 

家庭を持つと、さらに出費が増えるわけですから、貯金ができない現状にも納得してしまうものがあります。



老後に必要なお金はどのくらい?

 

ほとんどの方が60歳で定年退職を迎えます。

 

ですが、その段階で老後に必要な貯金が最低2,000万円以上はないとマズイんです!

これは最低額なので、もっと貯金はあったほうが将来的には安心が出来ます。

 

40代から慌てて貯金をスタートさせても、2,000万円なんて大金は早々貯まることはないです。

 

日々の生活費、光熱費、食費、家賃と出て行くお金は多いのに、手元に残るお金というのはとても少ないです。

 

では、年金に頼ればいいのでは?

 

こう思われる方もいるかもしれません。

ですが、少子高齢化の現在では「年金」なんてただの夢物語ですね。

 

年金が受け取れる年齢も引き上げられ、たとえ60歳で定年を迎えても、年金をもらえるのは65歳以上から・・・。

しかもこれは今の段階での年齢なので、まだまだ引き上げられる可能性は大いにあります。

 

そのうち年金なんてなくなるんじゃないかな、と私は思っています。

もしくは、もらえる年金が半分になったり、3分の1になったり・・・。

 

 

つまり、年金はまったくあてにならないのです。

 

月々2万円を貯めるだけでも結構貯まる!

 

お給料だけではお金が貯まらない!

 

では、一体どうするべきか?

自分で稼げる手段を見つけることが重要です。

 

今は副業ブームです。

副業をすることで、小銭程度だったらお金を稼げている人はたくさんいます。

 

私は月2万円を安定して稼げているので、2万円を貯金に回すことが可能です。

え、たかが2万円?

 

いえいえ、2万円でも老後までコツコツ貯めていくとかなりの額が貯まるんですよ。

 

たとえば、月2万円を20代からコツコツ貯めたとします。

月2万円×12ヶ月×40年続けると=960万円は貯められる計算になります。

 

毎月お金がなくても副業で2万円を稼げるようになれば、このお金を貯金に回すことが可能です。

 

お金がないから、将来が不安だから副業を始める方は多いです。

だからといってすべての人が稼げるようになる、という断言はできません。

 

副業=成功とは言えません。

ですが副業には夢がありますね。

 

成功すると大金をゲットできるチャンスでもあります。

やる、やらないは己の自由ですが、それでもやることに意味があると思います。

 

失敗してもいいんです。

失敗して、その後どうするかを自分で考えていくことが大切です。

 

やってみようかな、と思ったら行動に移していきましょう!



60歳過ぎてコンビニアルバイト

 

お金がなくなってから行動したんじゃ遅いです。

 

お金がなくなったら、バイトすればいいや。

と、思っていると本当にお金がなくなった時、大変なのは自分です。

 

これはたまたま立ち寄ったコンビニのことなんですが・・・。

商品を手に取り、購入しようとしたら、レジにはどう見ても60代過ぎの男性が立っていました。

 

いらっしゃいませ、も何も言わずムスッとした顔でレジをされていました。

まぁ、この際挨拶や笑顔がどうこういうのは止めましょう。

 

ただ、なぜこんな60代の方がコンビニでアルバイトをしているのか、ただただ驚きでした。

アルバイト=お金がない、ということで渋々アルバイトをしているのかなと思いました。

 

どういった経緯でアルバイトをしているかは分かりませんが、こういった50代や60代の方がコンビニでアルバイトをしている光景って珍しくはないようです。

 

私は初めて見てかなり驚きましたが、お金がなくてアルバイトをする方が今増えているそうです。

 

予期せぬ年金受給年齢の引き上げや、物価の上昇、そして追い打ちをかけるように消費税増税が重なったことも影響しているのでしょう。

 

私はまだ20代ですが、それでもこういった光景を見るとゾッとします。

 

誰しもがそういった状態になりうる可能性があるからです。

 

あぁいったアルバイトの光景を見てしまったら、自分はああならないようにただひたすらに頑張ろう!

と、思いましたね(^0^;)

 

老後にまで、アルバイトする生活だけはどうしても避けたいところです。