Googleアドセンスの審査が通らない?いえいえ、結構簡単に通っちゃうんです!

こんにちは。

数日前なんですが、旅行に行ってきました!

夏休みということもあり、どこも混雑していましたが、それはそれで楽しめました!

やっぱり少しでもお金に余裕ができたら、ぜひ旅行に行って欲しいですね。

気分転換にもなりますし、何より心に余裕ができるようになります。

 

稼ぎたいならまずはGoogleアドセンスでしょ!

 

何度も言っていますが、アフィリエイトで稼ぎたいなら、Googleアドセンスがオススメです!

 

初心者・ブログ経験者でも、やはり稼げている人のほとんどがこのアドセンスを一度は利用したことがあるのではないでしょうか?

 

成果報酬型広告と違い、記事の内容に合わせて広告を選択しなくてもすむのでとても楽ですね。

アドセンスは、ただ貼り付けるだけなのでとても簡単です。

 

今回はそんなアドセンスの話をしていこうかな、と思います。

 

Googleアドセンスの審査が通らない?

 

誰もがアドセンスを利用しようとして、最初はブログサイトを登録して審査をしてもらうと思います。

審査が通れば、あとは広告をどこに貼り付けるのか、を決めていくはずです。

 

ですが、審査が通らない場合はどうするのでしょうか?

 

もう一度審査をしてもらう他ありません。

何がダメで審査が通らなかったのか、どこを直せばいいのかを自分で確認してないといけません。

 

アドセンス側では、どこがダメ~とは言ってはくれません。

そのため、自分で見直すしか方法はありません。

 

手直しした後に、再度アドセンスに申請し、その後審査をしてもらうという流れになります。

ですが、2度、3度と何度やっても審査が通らないという方も多いようです。

 



Googleアドセンスのプログラムポリシー

 

アドセンスの審査が通らない場合というのは、ほとんどの場合が「ポリシー違反」となっているからです。

 

1度、アドセンスのプログラムポリシーを読んだことがある人なら分かると思いますが、あれって読むのも面倒なんですよね。

 

長いし、途中で難しい言葉があったりで、途中で読むのを止めちゃうんですよね!←これ私です。

要は、もっと簡潔に短く説明して欲しい!

 

と、強く言いたくなります。

 

それでも言ったところで、どうこうなるわけではないんですよね。

長い・・・・・・難しい・・・・・・と、思っていても1度はプログラムポリシーを、きちんと読んでおくことをオススメします。

 

ポリシー違反

 

では、そんなポリシー違反とは具体的にどういった場合でしょうか?

 

・ポルノ、アダルト、成人向けのコンテンツ

・アルコールやたばこ関連のコンテンツ

・違法な薬物や麻薬関連製品に関するコンテンツ

こんな感じで、ブログサイトで運営できないようなコンテンツが含まれていると、ポリシー違反となります。

 

男女問わず、年齢関係なく、すべての人が見ても大丈夫なブログサイトが審査に通るようになってます。

 

逆に上記のように、年齢制限があったり、違法な内容が入っていたら確実にアウトだと思ってください。

 

Googleアドセンスの審査がどうしても通らない!?

 

全年齢でも見られるブログサイトなのに審査が通らない!?

 

こういった場合もありますね。

何度も確認し、どうやっても審査が通らない・・・・・・。

 

こうなってしまえば、一体どこがダメなのか、自分には向いてないのか、なーんてネガティブ思考へと一直線になりやすくなります。

 

審査に通らない・・・・・・こういった時でも、必ず何かしらの要因があるので1つずつ確認していきましょう!

 



ブログサイトのレイアウトが出来ていない場合

 

早くアドセンスの広告を貼り付けたい!

早く収入を増やしたい!

 

これは誰もが思うことですね。

こういった焦る気持ちのせいで、ブログサイトが出来上がってレイアウトがまだぐちゃぐちゃの状態で、アドセンスに申請してしまう場合もあります。

 

必要最低限のレイアウト(デザインだったり、サイドバーの設置だったり)が出来ていないと、やはり審査が通ることはまずないです。

 

急ぐ気持ちは分かりますが、まずはレイアウトからしっかりと組みあげていきましょう!

 

記事数&文字数が少ない場合

 

見た目もよくなったブログサイト。

レイアウトは完璧!

 

では、次は記事数と文字数をチェックしましょう。

 

1記事2記事では、審査が通りづらいので最低でも5記事以上は作成しておきます。

そして、文字数は1記事800文字以上は必要だということを覚えておきましょう。

 

極端に記事数や文字数が少ない場合でも、申請は通らないということがあります。

 

ちなみにですが、申請中の場合も記事は作成して投稿していくことをオススメします。

1日1記事、2日1記事とある程度は記事を投稿しないと、審査が長引くことがあります。

 

画像や写真を載せてしまった場合

 

そして最後に、画像や写真を載せてしまう場合ですね。

これは一番多いケースなのではないかな、と思います。

 

アドセンスは著作権という言葉にすごく敏感です。

 

そのため、申請前&申請中は画像や写真といった、著作権が絡んできそうなものは極力載せないことをオススメします。

 

実際に画像を取り除いた後に、再申請したら審査が通ったことがあります。

 

文章の説明として、アイキャッチにと、画像や写真を載せたいのは分かりますが、これらは審査が通った後に貼り付けましょう!

 

アドセンスの審査は通常2週間ほどで完了します。

ですが、早い方だと3日程度で審査が終わります。

 

逆に1週間以上も時間がかかっている場合は、審査が通らないことが多いです。

何かしら問題がないか、画像なんかを載せていないか確認してみてください。

 



Googleアドセンスに1度審査が通ると次からは審査が緩い?

 

1度アドセンスの審査が通った後に、また違うブログサイトを申請したい、ということがあります。

 

アフィリエイトで稼ぐためにも、いくつかブログサイトを作成するかと思いますが、こういった場合に何度もアドセンスの申請をすることがあります。

 

私自身も何度か違うブログサイトを申請したことがあります。

 

正直に言いますと、最初の申請よりかは手順もすごく楽ですし、結構早い段階審査が通ることがあります。

 

1度、誤って画像や写真を載せた時は審査は通りませんでしたが、それ以降は順調にすべて審査がクリアしています。

 

私から言わせてもらいますと、1度審査が通ると他のブログサイトは審査が通りやすいのかな、と思います。

もちろん、ポリシー違反があれば審査は通りません。

 

上記のことを気をつけていれば、審査は通りやすいはずです。

 

Googleアドセンス広告を貼り付けた初日から成果!

 

審査が通ったらあとは広告のURLを貼り付けていくだけです。

 

そして貼り付けた広告を誰かがクリックしてくれるのを待つだけです。

この時点では、結果が出るまではかなり時間がかかるかな、と思うはずです。

 

私の場合、初日からいきなりクリックしてくれる人が現れたんです!

 

まだまだ出来たばかりのブログサイトだったので、あまり期待はしていなかったのですが、広告を貼り付けた初日から成果が出たのは嬉しいものですね!

 

こういった経験もあるため、アドセンスの利用は推奨しています。

 

申請までは時間がかかったり、審査が通らなかったりで、やきもきしてしまうかもしれませんが、ポリシー違反にならないように気をつけていれば、問題なく審査は通るはずです。

 

審査に落ちても、何度も再申請はできるので諦めずチャレンジしてきましょう!